• 石本 憲史

おかげさまで半年

更新日:2021年7月7日

こんにちは。大阪から司法書士の石本です。



本日「2021年7月6日」をもちまして、弊所は創業から半年を迎えることができました。

2021年1月6日大阪で本格創業し、ほんとにあっという間の半年間でした。

このコロナ禍で無事なんとか創業6ヶ月を迎えることができたのも、ひとえに今まで過ごしてきた土地で知り合った皆様や大阪にきてからご縁をもたせていただいた方々のおかげです。 

上半期お世話になった皆様ありがとうございました。

そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。




さて、わたしの上半期には、「2つの大きなイベント」がありました。




まず1つ目は、「初めての確定申告」です。


今までは、勤務先が行ってくれていた確定申告。今までやったことのないレシートや領収書の管理及び会計ソフトへの入力など、最初はわからないことだらけでした。

わからないことがあればその都度調べたり、先輩に質問したりしながら、手探りで前に進む日々。正直なところ、無事に確定申告を終えるまでは、かなり不安でした。

しかし、なんだかんだと苦戦しながらも、確定申告期限である3月15日の3日前に申告を終えることができました(なお、後から知ったのですが、今年はコロナウイルス感染症による特例として、申告期限は例年より1月延びていたようです)。


確定申告の準備をする中で、レシートや領収書、請求書を整理しながら、日々自分が行っている事業でどれだけのおカネが出ていっており、またどれぐらいのおカネがどのタイミングで入ってきているのかを肌身を持って知ることができ、大変勉強になりました。

これから会社を設立する方とお話する際にも、自身の経験に基づいた様々な話ができるようになったので、やはり『経験は宝だなあ』と実感します。




そして、2つ目は「愛息子の誕生」です。


4月に第一子の男の子が誕生しました。このコロナ禍で、妊婦さんも通常とは異なる環境での通院や入院を余儀なくされており、そのストレス下で無事に男の子を生んでくれた妻には感謝しかありません。

毎日スクスクと成長していく息子を見ていると、『人間は成長する生き物なのだ』と改めて実感し、もう身体的な成長が望めるような年齢ではないわたくしですが(笑)、息子に負けないよう『なんらかの成長を毎日積み重ねていこう』と思うエネルギーをもらっています。


また、仕事を終えて帰宅してからの息子とのお風呂タイムは本当に心の底からリラックスできる貴重な時間で、その時間までに家に帰れるように集中して仕事をすることで、業務時間内の生産性も心なしか向上しているように感じます(笑)。


生まれる前は子育てに関して不安な部分も多かったのですが、やっぱり子供は偉大だなあと日々感じています。




「自営業者としてのリズム」にもやっと慣れてきましたので、下半期は上半期よりも、ネット・リアルを含め営業に力を入れていきたいと思っています。


WEB関係でも新たな一手を打つことを予定しておりますし、今月末には、いしもと事務所として初となるセミナーも開催予定です!


また、詳細が決定しましたら、こちらのHPでも告知させていただきます!乞うご期待!



P.S.  添付の画像はわたしの「サウナハット」を被った息子。まだまだブカブカ。笑  いつか、わたしの大好きなサウナに、息子と一緒にサウナハットをかぶって入るのがわたしの夢です。その日を無事迎えられるよう頑張っていきます!


 


司法書士 いしもと


サウナハット、サウナ、息子、愛息子、一緒にサウナ入りたい
サウナハットと愛息子